インフォメーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zガンダム Ver.俺

z02.jpg

MGから始まり果てはガレキまで、ありとあらゆる立体物を参考にコツコツ設計中。手を動かすよりも、考える時間の方が長いモデリング作業ですが、二転三転しながらも、漸く胴体のみ形になりました。基本はMG1.0ですが、本来必要ない所にフレームを付けたり、細部のバランスや形状を、「Ver.俺?」と言っても差し支えないくらいいじり倒しました。

自分らしさを盛り込んで独自のラインを表現するのが造形の醍醐味。「設定通りに作ってもつまんないし、そんな無個性な物は何の感動も与えてくれない」というのが僕の持論。これから先、僕のゼータがどんな方向に向かって行くのか作っている僕もわかりませんが、何が起きても驚かない、心の余裕を持って完成までお付き合いください・・・・(汗)


info01.jpg

都合によりカラー印刷が出来なくなりました。
それに伴い表紙のデザインも大幅変更となりました。
文字だけのシンプルな物になりましたが、中身で勝負です・・・(汗)
スポンサーサイト

胴体の組み立て

silvine_m16.jpg

胸の鈴が小さいので少し難しいですが、その他は簡単。

...続きを読む

頭部の組み立て

silvine_m01.jpg

耳が少し難しいですが、ポントさえ押さえて組み立てれば、誰でも比較的簡単に組み立てられます。

...続きを読む

パイプ大流行ですか??

あちらこちらでパイプネタで盛り上がったいるので僕も便乗して・・・。
僕は面倒くさがりなので、一発で作れる物を取り入れています。

pipe01.jpg


前からある割と一般的ではないだろうかと思う展開図ですが、簡単にパイプが作れて楽チンチンです。

...続きを読む

出ますか・・・

ターンエーの次はデスティニーガンダムが出るんですね。久しぶりにガンプラが欲しくなりました。
HGでもヤクト・ドーガが出るそうで、本格的に逆シャアシリーズ展開開始ですね。
ギラ・ドーガの出る日も近そうですね。

z01.jpg

密かに1/60ゼータ設計中です。複雑なフレームをどうアレンジして省略するかが設計の肝ですね。
MGゼータ1.0とHGゼータとゼータプラスを足した様なのを作りたいんですが・・・・・。

組み立て中

silvine21.jpg

まずは僕のオリジナルカラーで・・・・。
よくあるモノクロバージョンで面白みに欠ける配色ですみません(^^;)
型紙の編集も終わりました。色ごとに型紙を分けたので枚数が増えてしまいましたが、A4で大体3枚分のボリュームです。意外と少ないです。

今日は足です

silvine20.jpg

足も付きました。爪が少し長い気がするので何ミリか詰めますね。
可動は体に膝アーマーが干渉するのでコレが限界です。
頭を付けると完全に後ろに倒れます・・・・・・・(^^;)

これから型紙に番号をふって整理したら、公開準備に入ります。撮影用に組み立てないといけないのでもう暫くお待ち下さい。
遅くても来週待つには型紙配布できると思います。

腕参上

silvine19.jpg

小さいけど曲がるで~。

腕は小さいですが、肘もちゃんと曲がるように設計しました。腕の付け根はZZと同じ構造を採用。従来の物の5倍の保持力があると思われ・・・多分。後、設定にはありませんが、今後の展開を考えて、手首を取り外し出来るようにしました。換装パーツにドリルは作りたいですね~。
手は、大きさの制限上、設定通りに作るのは困難だったので簡略化しました。

ほぼ、コレで完成ですが、手のバランスが悪いのと、肘関節の可動軸の位置がおかしいので、この2点を修正しようと思います。

毎晩たらたら更新していますが、実はもう型紙も出来てたりします・・・・(汗)
もう少し出し惜しみしましょうか~カッカッカ・・・キン肉マ・・・・??

胴体完成



奥の色付きが試作、手前のグレーのが完成形です。
当初は組み上がりサイズを12cmに設定していましたが、頭の大きさとは対照的に体が小さい為、細かい糊代や、パーツが増えてしまい組み立てにストレスを感じたので思い切って13cmに拡大。これでストレス無く組めるようになりました。

構造を根本的に見直しシンプルな物に変更しました。それにより当初、装甲が全て外れる仕様で設計を進めていましたが、装甲を換装するより胴体ごと取り替えて方が組み立ても楽だし手っ取り早いという結論に達したので中止に。

...続きを読む

ご無沙汰してます



魔の三連休がようやくあけてホッと一息。
連休中は例のごとく、お嬢と鼻垂れ小僧様の相手でアっという間に三日過ぎました。

シルヴァインの設計は金曜日にやっと終わったので今日から試作に取りかかります。久しぶりに新作を組み立てられるので、これから暫くの間は毎晩楽しめそう。
今月中には型紙をアップできると思いますのでお楽しみに・・・・・。
あっ、尻尾の設計がまだだった・・・・・どうするかな~尻尾・・・・(汗)

再アップしました

ZZのギャラリーを再アップしました。よければご覧下さい。
ちゃんとした背景紙を使うと雰囲気がいいですね~。
次はライトをどうにかしたいな・・・・

設計再開

silvine15.jpg

設計は残すところ腕のみです。組み上がりサイズを考えると、再現不能な所が多数存在するので、省略もしくはデザインの変更をしつつモデリングをしました。可動や構造の都合上、全体のバランスもオリジナルとは異なっていますが、コレはもう避けられない事・・・。今週中にはモデリングが終わりそうです。

いろいろ忙しいです

やっと結果も出たことですし、毎晩プリンターフル可動で印刷中です。
ZZだけで2400枚印刷しないといけないので、気が遠くなります(^^;)

空いた時間に猫型ロボ「シルバイン」の設計を再開しました。今月中に形にしたいですがどうなることやら・・・。
それから、同時に1/60ゼータガンダムの設計も始めました。昨日、資料用にガンプラを買ってきて組み立てましたが、MGゼータガンダムVer.1.0は酷いですね。プロポーションは頭がデカイ以外は割と好きですが、何か構造のツメが甘いような気が・・・。

ZZガンダムは、撮影用の背景紙をネットで購入したのでそれが届き次第、もう一度撮影し直して再アップしようかと思っています。

結果来ました

昨日の昼にキャラホビから通知が届きました。
結果は予想どおりのものでした。

...続きを読む

指先は口ほどに物を言うの?

zz65.jpg

本体の設計以上に力を入れて設計したマニピュレーター。
手は模型制作において重要なポイントだと常に感じています。

今までの物(陸ガン&Hi-ν参照)はどうも手の表情が淡泊な感じがして、あまり気に入っていなかったので、今回ハイディティールマニピュレーター(HDM)を参考に再設計しました。

さすがはHDM、高いだけあってガンプラの・・・・なマニピュレーターとは違って非常にいい造形。おかげで納得のいく物ができました。

比較でも・・・

zz64.jpg

組み立てもいよいよ大詰め。
問題の肩は、改修が上手くいったようで、装甲を全て付けても肩が下がらずに支える事ができたみたいです。後、胴体を5mm延長、膝の棒?を縮小&幅詰めを行っています。左の改修前のものと比べると若干スマートに見えますね。
日曜日の夜に写真をアップ出来るように一気に完成させたいです。

腕フレーム

zz63.jpg

腕も8割方組み上がりました。
いまさらですが今回は、肩の軸を円柱に、受側を角柱にしました。
今まで、肩関節の強度に不安がありましたが、変更したおかげで、今までの角軸、円受の間接よりも強い保持力を得ることができました。もっと早くやっとけばよかった・・・。
肘関節は以前紹介したリアルノッポサンズの二重間接です。
少し改良しているので幾分保持力が増していますが、まだ少し不安がありますね〜。この辺の問題解決は次回作に持ち越しということで・・・。
それから、肩の軸がグラつくせいで、重みで肩から腕が下がっていましたが、接続法を少し工夫するだけでグラつきを抑える事ができました。よい感じ。

もう少し

zz62.jpg

またやる気のない写真ででで・・・。
腕は細かいパーツが多いので時間がかかります。
試作では重みで腕が肩から下がっていたので、下がらない様に改修しました。今のところは問題なさそうですが、ここからさらに重くなるとどうなるかちょっと不安だ・・・・。

娘と

日曜日は朝から夕方まで娘と2人で電車に乗って出掛けてきました。
行き先は、デパートとかオモチャ屋とかたわいもない場所ですが、娘も楽しんでいたようでよかった・・・。本屋で長時間立ち読みされ待ち疲れたり、道中ダッコとオンブをせがまれたりしましたが、久しぶりに娘と過ごす2人きりの時間は有意義なものだったと思います。

その夜、娘が熱を出したのは断じて僕のせいではないです・・・・・ホントに・・・。

Template Designed by DW99