インフォメーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バストアップ

Z27.jpg

色が付くとやる気も全くかわってきます。眠たくても結構なハイペースで組み立てられました。
首周りとコクピット周辺を中心に改修しています。肩にはムーバブル・フレームを再現し、襟の形状も一般的なゼータの物とは大きく変更しました。
胸のダクト以外の書き込みは行っていませんが、この状態ですでに紙に見えません!かなりいい雰囲気に仕上がってきました。
この調子でガシガシ組み立てたいところですが、腰のサイドアーマーの形状が決まらず悪戦苦闘中なので組立は暫くお預けです・・・。
ところで、ムーバブル・フレームってどんな役割があるんでしょいうね?役割が判らないのでこの周辺の装甲のデザインが未だ固まっていません。機能や動きを意識して設計しないと本当の意味でリアル感はでませんからね。

見慣れてきたのか、1/100のエクシア格好いいんですけど。来週からいよいよ放送開始ですし、どんな動きをするのか今から楽しみです。
スポンサーサイト

遺伝子って・・・すごいね

うちの息子1歳はブロックが好き。朝から晩まで四六時中いじっています。

かれこれ5年前、娘が生まれた時、「子供の頃コレが好きでよく遊んでいたから、娘も興味をもって貰えれば・・」という思いからダイヤブロックを買い与えました。しかし、そんな親の想いとは裏腹に娘は全く興味を持たず、かわりに異常なまでの本好きになりました。本屋に連れて行くと、何時間でも立ち読みし、友達の家や食事に行った時でも置いてある絵本を読みあさります。

それから数年後、息子が生まれたのですが、娘の事もあったのでブロックの存在を教える訳でもなく放っていました。 しか~し息子は何処で覚えてきたのかブロックを付けて外してを繰り返し、何をするにも常にブロックを握りしめている状態で、寝るときはもちろん、オッパイを飲むときも離しません。僕が休みの時などはブロックを握ったまま何処までもついてきて、一緒にブロックをする事を強要します。

嫁と夜によく話すんですよ。「遺伝子ってすごいね」と・・・。
性格もよく似ているので紛れもなく息子は僕の分身だ(^^;)

拡大版ZZガンダム

DSCN0337.jpg

DSCN0338.jpg

ひろしさんから続報が届きました。以下ひろしさんのコメントです。

「武器以外完成ってことで。。。紙って重いんですねえってカンジです。
近くで見ると雑な部分もありますが、何とか自立します。パーツパーツを接着するともっと固まるのですかね。ちなみに頭までの大きさで136cm、全高155cmぐらいでした。」

ほんとスゴイサイズですね。紙はどれぐらいの枚数使ったんでしょうかね?
拡大で組み立てるのは一見簡単そうにみえますが実は結構技術が必要な作業だと思います。60cmくらいまでなだ僕でも出来そうですが、このサイズは反則ですね(^^;)

改修版頭部

z26.jpg

連休のお陰で作業が一時ストップしていたこの数日間・・・どうにか頭部だけ形になりました。
ゼータプラスにゼータの記号を落とし込む形で大幅に形状を変更しました。写真では解りにくいですが、完全に別物になっています。これに後はバルカンがつきます。 初期バージョンは縦に長い感じになっていましたが、改修版は全体的に丸っこくなるようにしました。僕的には結構イメージ通りなんですが・・・。

...続きを読む

両足ついた?

z23.jpg

z24.jpg

やっぱり両足作るのは気が進まなかったのでフレームだけで・・・(汗)
フレームは膝から足首にかけて角柱1本で構成されています。
構造がシンプルな分、容易に間接を設ける事が可能。でも今回は下半身固定で設計します。間接可動のフル可動デルはあのMSで・・・・ムフ。
また足も腕同様バラバラに分解可能です。

頭部は完璧にイメージとはかけ離れていますが、後は比較的イメージ通りか?
こうして見ると肩を大きくしすぎた様な気もしますね。腕の長さも含めて調整が必要かな。 明日は頭部から作り込み開始だなダナ。

足組み立て中

z22.jpg

片足がつきました。脛の構造が今ひとつしっくり来ない・・・。脛装甲がぐらついて、形を維持するのが難しいですが、足のバランスは比較的良い感じにまとまりました。ここから更に構造をライン取りを詰めて行こうと思います。

右足部分のゼータモドキが足に見え・・・・・ないか(^^;)
明日は右足も取り付けて全身のバランスを検証したいですね。

キミは生き延びる事ができるか・・・

IMG_3896.jpg

「キミは生き延びる事ができるか・・・」
僕は見事玉砕しました・・・・・(汗
この3連休に試作を終わらせる予定が、連日に渡って続く無尽蔵の「ガキ(餓鬼)パワー」に毎日撃沈。恐るべし永久機関のガキエネルギー・・・・・・子供は元気だね~。

久しぶりに小中学校時代の友人と再会して食事をしてきました。昔からの友人に会うと心が和みますね。昔話と同級生達の近況を話したりと、大いに盛り上がりました。20年経つと、いろいろありますね~。もうこの世にいない友人もいたりするし・・・。

眠いです

z21.jpg

なんかゼータよりも下の方にチラチラ見える変な足が非常に気になる・・・(汗
腰回りも組み上がりました。実際に組んでみると、意外とボリュームがありますね。足が付くと気にならなくなると思うけど・・・・ちょっとやりすぎたかな??
最近、ゼータの設計に行き詰まってしまったので、新たに資料を購入しました。
購入したのはゼータプラス。やっぱりこれがないと始まらない(何が?)。
早速、手持ちのゼータと組み合わせてニコイチにしてみました。
頭はプラス、胸もプラス腰はゼータ・・・・・などと組み合わせること数分。
お〜コレですよ。これこれ、何となく完成形のイメージが固まってきた〜!

試作続報・・・



上半身もつっこみどころ満載です。胸の赤い部分は幅を広くしてボリュームアップさせる必要がありますね。それから首周りも胸装甲部分に詰まりすぎなのでココもユッタリ。 ガンダム物は慣れてきたので特別組みにくいカ所や設計ミス等はないですが、全体のバランスまでは組んでみるまで把握できないですね・・・。 

陸戦型ゼータガンダム

z18.jpg

モニター前の1億3千万人のゼータファンの皆様、
まずは頭が組み上がりました。

...続きを読む

今週のビックリどっきりメカ

ヒロシさんからZZガンダム巨大化計画の続報が届きました。
心臓の悪い人は見ないで下さい・・・・

...続きを読む

準備完了



頭の設計も終わって試作の準備完了です。ウイングとスタビライザーは取りあえず後回しで、先に全身のバランスを調整しようと思います。これからは暫くバリバリ組み立て作業に専念しますね。
手始めに頭から作ってみましょうかね~。

そろそろ例のハンマーの作り方もアップしないとね・・・。ほんと毎日時間が足りないです。

頭は悩むね

z16.jpg

放置していた頭の設計を始めました。
いつも同じ事を書いている気がしますが、ラインを少し間違えると別物になったりするので、頭の設計は難しいですね。それに頭は小さいので紙の厚みの影響をモロに受けるので、データー上と実際の組み上がりとは大きな差がでて、ホントに組んでみるまでどうなってるのか判らない、博打みたいなもんです。
もう少し作り込んだら組んでみようと思います・・・・3回は作り直すなきっと・・・。

腕参上



若干、微調整が必要ですが一応形になりました。結構好き勝手アレンジしたのでいろんなラインが入り交じっています。
今回は可動を少し頑張ったのでMG程度は可動しますよ。

z15.jpg

アムロ仕様とコンパチのためココまでバラバラになりますよ〜。

試作はつづく果てしなく・・・



第1回目の試作で大まかな設計ミスや組みにくい部分、それからバランスが悪かった部分をピックアップし、第二回目でそれらを修正すれば大体は終了。でも腕などのフレームやパーツが複雑に絡み合う部分は、更に紙の誤差を調整する必要があったりします。今回も例外なく3回目に突入の予感・・・。

腕関節はこんな感じで曲がります。新間接のお陰で繰り返し曲げてもプラプラになることはありませんが、ヤッパリ重たい物を長時間支えるのは無理かもね・・・。

アップしました。

シルヴァインの持ち手を本体と同じ場所にアップしました。
組み方はもうちょい待ってください。ゼータの腕の試作が気になって・・・。
取り急ぎ報告だけしておきますね。

腕フレーム



この週末から試作の組立を始めました。まずは、今回一番気になっている部分の腕から。ゼータの腕は今までの作品の構造を一新。間接構造は僕にとっての最新構造を取り入れています。それから今作品は、パーツ差し替えでアムロ専用ゼータに換装出来る仕様になる予定なので、腕も細かくバラバラになります。

新しい構造が上手く機能するかドキドキしながら組み立ててみましたが、結果は微妙ですね。まず、肩の回転構造が組立は簡単ですが、抜けやすい。それから肘可動は、先週やった試作では上手く機能していましたが、今回は紙の誤差が上手く取れず、これまた微妙な結果に・・・・。

あと、差し替えられるようにいろいろとフレーム内部に組み込んだので組み立て難くなってしまいました。
もう少しシンプルで組みやすくなるように知恵を出さないとね(汗。

シルヴァインの追加武器ハンマーをブリーフケースにアップしています。
ただ、持ち手が無いと持てません(汗
持ち手はただいま編集中です。編集が終わり次第、持ち手とハンマーの組み立て方もアップします。

Template Designed by DW99