インフォメーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムカラバリ



DSCN0614.jpg

DSCN0615.jpg

ヒロシさんから写真を頂きました。説明無しで組むのはヒロシさんにとっては朝飯前ですね。
全て140%拡大して制作されているようです。140%ということは18cmくらいでしょうか。

巨大サイズに拡大して制作する技術を持っているだけあって普通に組み立てても非常に上手いです。
ガンダムのカラバリを見ていると僕も作って欲しくなりますw
金色のガンダムは100均の金色の紙を使用しているそうです。なかなか似合っていますね。

腰と上腕に回転軸を仕込み可動カ所を増やす改造を施し、
その副産物で3枚目の写真みたいな事も可能だそうです。
「ガンキャノンが若干大きい」と言われていましたが、その通り!
縦はだいたい同じですが、横幅がキャノンの方を太めにしています。この辺は僕の趣味です。
スポンサーサイト

マークの意味は??

自分の作品の完成度を上げるために所属部隊や搭載艦なんかを表すマークを入れていますが、実はよく知らないのでネットモデラーさん達の作品を参考にしています。
最初、意味が分からずノリで入れてた頃はあまり深く考えた事はなかったのですけど、たまに武器にマーキングされている物がありますよね。ぱっと見は見栄えがよくてなかなか格好いいと思うんですが、よくよく見てみると武器に武器の名前が入ってるんですよね。 これって冷静に考えるとなんかおかしい気がしないでもない。鉛筆に鉛筆と書いている様なものだし・・・・。

キャノンの「D」の型紙を改修したものをアップしています。
不都合があって上手く組めない部分を修正していますので、バーニアはこれを使って組み立ててください。

メールしたのにまだ送ってこない方がいましたら再度連絡してください。
全員に返したつもりですが、ちゃんと送れていない人もチラホラいたようなので・・・。

バックパック追加

バックパックの作り方を追加しました。
D-6のバーニア部分のパーツが誤差をキレイに取りきれていなくて、上手く組み立てられなかったので修正しました。
後は特に問題なし。 バックパックの構造は結構気に入っていて、筒の中に角柱を差込み曲面を制御する方法は色々な場面で活用できそうですね・・・。

勘違いしている人が結構多いですが、型紙のサイズはB5ですので・・・・・(汗。
それから、カンタム?を取り逃した人もメールするといいですよ。

脚アップ完了

少し時間が取れたので脚の作り方を追加しました。
前に書きましたが、F-4が4つのところが2つしかない以外は特に問題ないです。
次回は胴体と見せかけてバックパックの組み立てをアップしよう。

少し忙しいです

先週末に友人から某オーディメーカーのオーディオのペパクラの設計(タダで・・・)を頼まれ模様の書き込みに苦戦している最中に、先輩からイラストの依頼が・・・・・(汗
当然、仕事から帰ってきてからの作業になるので自分のペパクラをいじる時間がないです。
そんなわけで落ち着くまではキャノンの説明お休みです。
そうそう、キャノンのF-4が4つ必要な所が2つしか無いそうなので、余分にプリントして下さい。
先行して組み立てている人の訂正情報をお待ちしてますW

ビームライフル

cannon12.jpg

「最初に頭作ったら、そこで満足してテンション下がるから頭は最後にしろ」と先輩に指摘され納得。
以前、SDガンダムの時も武器の説明で飽きてしまって結局やってない・・・・(-_-;)

そんな訳で今回は武器からです。一通り組みましたがG-3に糊しろのマークをつけ忘れている部分がある以外は特に問題ないです。
メールに記載したシルヴァインのリンク先に、説明を記載したpdfがあります。

準備完了

おまたせしました。例のcannonの準備が出来ました。
100均の紙を使用している人が多いので今回はB5サイズになっています。
100均の紙がB4なので半分に切ってプリントして下さい。
(100均仕様の紙の流れ目でパーツを配置していますので、別の紙を使うと組み難くなる可能性がありますのでご注意ください。)

最近スパムメールが多くてアドレスを変えています。
以前、僕に直接メールしたことがある人は改めて「mail form」からメールお願いします。

今回もですが、検証をまったくおこなっていませんので、100%の確立で記入ミスが見つかると思います。順番に組み方を説明しながら訂正していこうと思っているので、完璧なヤツがいい人は説明が全て終わってから連絡するといいです(笑。

最後に返信は明日の夜以降になる可能性が高いのでのんびり待って下さい・・・・。

上半身のフレーム

mk2_62.jpg

試作から構造を更に煮詰めて最終的にこんな風にまとまりました。
パーツを差し替えるため、仕方なく角柱を突き刺しましたが、これが代えって良い結果に結びつき、パーツ数を少なく、でもリアルにすることができました。 まあ、でもこの状態ではリアルもクソもあったもんじゃないですけど。

上の写真で手前に転がっているのは肩間接のパーツです。
こんなパーツでも3つの部品から出来ています。負荷が掛かる部分なので結構頑強な仕様になっています。

知らんかった

基本的に自分のブログはMac以外では見ません。 最近Windowsのノートパソコンで自分のブログを見て気が付いたんですけど、このブログって文字が異常に小さいんですね。
Windowsでもデスクトップならまともに見えてたんだけど。
ブログの管理ページからいろいろいじってみても上手くいかなかったし
・・・・どうにかならないもんかな??

ああそれから、例のキャノンの型紙がもうすぐ仕上がります。今週末までには仕上げたいな。

黒いガンダム・・・



実際黒くはないですが、ティターンズカラーを組立中です。
折角書いた模様も紙の色が暗いのでよく見えないのが辛いところです。
最初は白で濃度を50%くらいにして、グレーみたいな感じで印刷したいと思っていましたが、世の中そんなに甘くはありませんでした。 
マイクロドライで濃度を薄くすると掠れてキレイに刷れないorz  原理はガンダムデカールと同じ感じなので押さえつける力が弱くなれば、そりゃ掠れるわな。この辺は液体のインクとの差ですかね。キャノンかエプソンがインクジェットで白インクを作ってくれれば・・・・。

設計も終わって、残すは型紙の編集と説明書の作成のみになると、ネタがなくて困りますね^^;

マイクロドライプリンター

IMG_4345.jpg

今回ティターンズカラーのMk-2を作るにあたり、購入を計画していたマイクロドライプリンターが
ついに家に来ました。これでこれからは特色印刷が可能になりましたよ~^^

早速チャートを制作して印刷の品質をチェックしてみました。
白が使いたくて購入したので白しか印刷していないのでカラー印刷の性能は不明ですが、
特色の単色印刷は100%のベタ塗り以外はあまり使えそうにないですね。
普通のインクジェットの感覚で使うと痛い目をみそう・・・。

写真の様なチャートを色毎に作っておくと便利ですよ。
紙の色によって線の太さや濃さを変えながら印刷している僕には必要不可欠なものです。
お客さんに喜んでもらうため、キレイな型紙をつくりたい僕の拘りみたいなものです^^

今年もこの季節が来たか・・・

キャラホビからこんな通知がきました。

Hi-νガンダム
の一次審査結果は製作進行可となりました。
作品の製作をお願いいたします。

また二次申請の際には必ず塗装済み完成品、
もしくは完成品を容易に想像できる段階のお写真をご用意いただきますようお願い申し上げます。


毎年のことながら、どうせ二次の写真監修で不可になるのは間違いないでしょうw
他の作品も当然ながら制作可です。

ロングライフル組み上がり



各部を改修しつつ一通り組み上げました。
若干の修正が必要な部分が数箇所ありましたがほぼ完成です。
開閉ギミックの副産物として、新しい可動構造もできました。
従来の構造のマイナーチェンジですが、保持力と作りやすさもま先ず先ず。

mk2_60.jpg

スタンド無しでも立ちますが結構微妙なバランス。
ものすごいボリューム。

オッサンです。

30才越えると体質が変わるとよく言うけど、あれは本当ですね。
体質だけでなく体力も変わりますよね。
週末、家族で出かけただけで肩が凝って頭痛はするし、目眩もするしで、もうクタクタ。
一晩寝れば取れていた疲れも蓄積されている感じがするし、つくづくオッサンになったと実感した週末でした。 体力が尽きることが無かったあの頃が懐かしい・・・。

mk-2はロングライフルの改修も終わりました。
これでスーパーガンダムの設計は終了です。次はティターンズバージョンのオマケパーツの設計でもします。オマケはプロトタイプmk-2への換装パーツです。完全なプロトタイプmk-2ではなくプロトタイプの様なMSになる換装パーツです。 
「プロトタイプmk-2」と「プロトタイプmk-2の様な」、この差は大きいですよ(笑。

ロングライフル

mk2_58.jpg

ロングライフルの試作1号を組んでみました。
大体これでOKですが、所どころ精度が悪い部分があるので調節が必要です。
写真の通り可動します。持ち手の所は差し替えで対応する予定です。
それから砲身は取り外し可能になっています。 これで狭い部屋でも安心!(ホントかよ)

甘かった・・・

mk2_57.jpg

問題なく自立できるだろうとたかをくくっていましたが、ミサイルベイの重さをはそんなに甘いものではありませんでしたorz  うまくバランスをとれば辛うじて立ちますが、それは自立と言えるものではないので急遽スタンドを設計しました。

ようやくスーパーガンダムの全貌が明らかになりましたが、高さ42cm、幅42cm、日本の住宅事情を無視したサイズになってしまいました。でも、某氏のツインタワーや、わざと拡大して作るあの人と比べれば可愛いものですけどw

ミサイルベイを取り付けるフレームの組み立てを失敗して片方が曲がってしまいました。多分失敗し易い部分だと思いますので、スペアパーツを付けた方がよさそうですね。
ロングライフルはもうしばらくお待ちを・・・・。

Gディフェンサー

mk2_56.jpg

フレームを組み立てるのを失敗してミサイルポッドが曲がって付いたり、途中で眠くなって組み立ててないパーツがあったりしてますが、Gディフェンサーがほぼ出来上がりました。
ロングライフルがまだ出来ていないので8割といったところでしょうかね~。
見た目より大きいので撮影が大変になってきました・・・・・。次はスーパーガンダム用のフレームを組み立てないと。

Template Designed by DW99