インフォメーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1/60ペーパークラフト Zプラス製作記」設計用の立体テンプレートのバランスチェック。



しばらく更新していない間に、設計用の3Dテンプレートがモデリングできました。
いろいろパーツが足りてませんが、いつも大体こんなもんですw

早く次の工程に進みたくて、
背中の羽とかその他付属品はテンプレート無しで
いつもぶっつけ本番で設計してます。
まあ、テンプレートのモデリング作業に飽きてしまうっていうのが
一番の理由でもあるんですけど・・・汗

この画像では何をどういじってるのかわかりにくいので
ワイヤフレームの画像で説明しますね。


2015102703.jpg


赤い線がプラモの説明書に載ってる線画のトレースです。
結構いい加減にトレースしてますw


2015102702.jpg


次に白い線がモデリングデーターです。

説明書のトレース以上にいい加減にトレースしてるのがよくわかりますねw

肢体のバランスをかなり修正しているのが分かりますよね?
基本的に上半身は華奢に、下半身はボリュームが出るように、
多少極端なくらい修正しました。
腕に関してはかなり短くしました。


設計用のモデリングができたら、
モデリングに利用した説明書のトレースは潔く消しましょう。
これ意味があるんです。
モデリングの邪魔になるのも理由の1つですが、
あの線画をいつまでも置いてると、
ついつい線画に引っ張られて線画のラインを拾おうとしちゃうんです!
僕だけか・・・。


「こんな適当なテンプレートで本当に大丈夫か?」と思うかもしれませんが、
いいんです!むしろこの適当なのがいいんですw

ペーパークラフトって不思議なもので、
面を増やせば増やすほど、きれいに、精密に仕上がると思いがちなんですが、
実はあるポイントを境に汚く仕上がってしまうんです。
すべての作品にそれが当てはまるとは思いませんが、
少なくとも僕の作品ではそうなってると思います。

特に曲面なんかはそうですよね。
面を増やして糊代が増えれば増えるほど、見た目は汚くなります。
糊代が増えれば継ぎ目もできるし、組み立て誤差も出るわけなので当然ですよね。

そこで、あえて適当なテンプレートをモデリングして、
そのテンプレートを参考に徐々に面を増やしていき
ベストなポリゴン数を見極めながら設計します。
このベストなポリゴン数を探る作業に適当なテンプレートが役に立つんです!
あと形を把握するのにローポリのほうが分かりやすいですし。

スポンサーサイト

「1/60ペーパークラフト Zプラス製作記」テンプレート用の線画で設計用の立体テンプレーをモデリングする。



特に決まりはないですが、
だいたい脚からモデリング始めます。

平面のテンプレートを元に立体へと起こしていくわけですが、
モデリング方法に関しては、使用するソフトの特性があるので、
「このやり方が簡単」みたいな攻略法はありません。

ただどんなソフトでモデリングするにして共通して言えることがあります。
それは「最初から作りこまない」ことです。

これって、設計を始めた頃にやりがちな失敗なんですが、
テンプレートを意識しすぎて、全てのラインを拾おうとした結果、
複雑になりすぎて途中で挫折してしまう。
僕も10年ほど前にそんな経験がありますよ(-_-;)
結局その失敗のために1年ほどペーパークラフトを諦めてた期間があるんですが・・・。

さてモデリングに話を戻しますが、
あくまでも僕のやり方なので、「みんなこれやれ」とは言いませんが、

線画のテンプレートを元にして、
最小ポリゴンで大まかな形を作ります。

なぜ最小ポリゴンで大まかにかというと、
この大まかに描いたポリゴンモデルを
さらにテンプレートにして本番のモデリングをするためです。
ようは2回テンプレートを制作わけです。

面倒くさい事してると感じるかもしれませんが、
これが後々の設計を楽にしてくれるんですよ〜。
(あくまでも個人的にですけど)

20151016_4.jpg

20151016_3.jpg


線画のテンプレートをほぼ無視してモデリングします。
手元に模型があるなら模型を見ながら、
最低限のポリゴンで表現するなら、どのラインを拾えばいいか、
考えならやってみると良いと思います。


20151016_5.jpg


歪んでようが、左右非対称でもこの段階では問題ないです。
とにかく最小のポリゴンで表現します。

こんな感じで全身モデリングをしたら、
次に自分の好きなバランスに、
拡大縮小して、完成したときのバランスを
この段階で煮詰めていくといいですよ!

作りこんでからのバランス変更は
凄く大変な作業になるので、
ローポリゴンの時にじっくり時間をかけてバランスを整えるのが良いです。

バランスが決まったら、各部分ごとにファイルを分けて設計してます。

「1/60ペーパークラフト Zプラス製作記」Illustratorでテンプレート描く



作品を作る前の儀式として必ずテンプレートをIllustratorで描きます。
説明書をスキャニングしてIllustratorでトレースしてるだけなんですが、
僕にとってこの作業が凄く重要で、
MGみたいに図面がない場合は実際の模型を撮影して
その写真をトレースしてテンプレートにしてます。

「わざわざテンプレートなんて描かなくてもいいでしょ」
と思うかもしれませんが、
よっぽどデッサン力に自信がある人なら
目分量で最適なバランスでモデリングできるのかもしれませんが、
僕みたいなあまり絵を描かない人間にしてみれば、
せっかく長い時間をかけて企画設計したプラモデルがあるのですから、
これをテンプレートに使わない手はないのですw

デザインでも何でもそうなんですが、
他人が作ったものを評価するのは容易いなことで、
プラモを眺めて、「ここのバランスが悪いな」
「ここはこうした方がいいな」など、
修正点をあげるのは簡単なことですよね。

なので、デザイン画だけ渡されて製品にまで仕上げる
原型師さん達を僕は凄く尊敬の眼差しで見ています。
もしもの話ですが、大河原さんの絵を渡されて、
「これプラモ用に立体化にして」って言われたら
僕には絶対むりですw

話が脱線して長くなってしまいましたが、
結局なにが言いたいかというと、
テンプレートを描くと、目分量で「ああでもない」「こうでもない」と
モデリングに掛ける時間を一気に短縮できるってことです。

テンプレートを使って、
ぱぱっとプラモ通りのバランスでモデリングを済ましてしまえば、
あとは自分の思ってるバランスに改良を加えるだけなので、
凄く時間の短縮になります。

そんなわけで今回もテンプレートを描いたのですが、
毎回この作業はつまんないんですよね〜。
テンプレート職人がいたら発注したいくらいですw

小休止 〜休んでいる間に資料集めと作品づくりの構想を練る〜

バーニングがとりあえず終わって、
「次の作品はゼータプラスを作ろう」ってとこまで進みましたが、
現在作業は停滞中でございます・・・。

いちおうアマゾンから激安で資料用にMGは購入して、
のらりくらりと三面図のトレースをやってますがなかなか進みませんw
進まない原因もちゃんとあるのですけどね。

あれこれどんな作品に仕上げるか考えたのですが、
プロポーションに関しては、
これはMGのゼータプラスの欠点としてモデラーさん達が
さんざん改修してきてる部分なのですが、

1. 大きすぎる胸をコンパクトにする。

べつにプラモのバランスも極端に変ではないのですが、
説明書に掲載されてるイラストと見比べると、
なんか野暮ったくっ見えません?

2. 太ももの付け根を広めに設定する。

これは最重要の修正箇所です。
プラモだと脚と脚の距離が狭いんです。
そのせいで立ち姿も決まらないし、
なにより掲載イラストの様にならないw

ゼータプラスって人型ですけど、
普通の人のバランスで作るとなんか違うな〜と感じません?
微妙なアンバランス感がポイントなのかなと思います。
やっぱりイラストのバランスがカッコイイですね。


あと、せっかくなので変形するものを考えてます。
変形と言っても、完全変形にすると、
いろんな所にプロポーションの制約が出てきて、
自分の求めるものにならないので、
ここは潔くHGのゼータプラスみたいに
差し替えでいこうと思います。
可動とか変形ギミックに頭を悩ませるよりは、
完璧なプロポーションを目指す方が自分には合ってますし。

「1/60ペーパークラフト ビルドバーニングガンダム製作記」拳を修正。

fc2blog_2015100322130561e.jpg

以前から大きいな~と感じていた拳を修正してみました。
左拳が修正版、右拳は元のサイズ。 結局3%小さくして、さらに拳の甲を2mmほど薄くしました。
前のは拳に存在感がありすぎる気がしてましたが、 修正して結構すっきりして自然なバランスに仕上がりました。


fc2blog_20151003221159cc3.jpg

別角度で。 これで心おきなく次に進むことができます。
次回はいろいろ考えましが、やっぱりゼータプラスを作りたいと思います。 バルバトスも気になるところですけど・・・。
そんなわけで作りかけのフルアーマーガンダムは無期限凍結です。 まだ一度も試作すらしていないので、凍結することにまったく躊躇はありませんw

「1/60ペーパークラフト ビルドバーニングガンダム製作記」炎のエフェクト完結編。



何回も色を調節してやっと納得いくモノができました。

これはレーザープリンターで印刷しているので、
紙と印刷した色の馴染み具合が良くないですけど、
インクジェットで印刷すればきっといい具合に馴染んでくれるはず!!

紙もまだ注文していませんがオレンジの蛍光紙を使うので
さらに発色が良くなるのでは・・・と、ほのかな期待をよせているのでした・・・。


2015100112.jpg

左端が完成版です。
毎晩毎晩、同じのばっかり組んでて飽きかけていたので、
終わってくれてよかったw

今度は前々から気になってた拳の修正をしようと思ってます。
なんか微妙に大きいきがするんですよね〜。
気にしなければ、そこまで気にはならないんでしょうけど、
気になるんですよね〜(^_^;)

先端部分でかなり印象を左右する部分なんので、
特に注意が必要なんですよね〜。

Template Designed by DW99