インフォメーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体の設計が終わらないよ~

直しても直しても終わらない。
次から次へと問題点が見つかります(T_T)
こっちの誤差を修正すれば、次は違う場所に誤差が見つかり、
それを直せばまた別の場所・・・・・・どこかで妥協すればいいんだろうけど・・・。
ただの趣味ならそれもいいんだろうけど、商品として販売するからにはやっぱり良い物を作りたいです。職人の血が騒ぐってやつですかね。

僕は色画用紙を使って設計しているので、当然紙には厚みがあります。
この厚みがくせ者で、きちんと紙の誤差を修正しないとまともに組めなくなります。
誤差の取り方は、(1)のりしろ同士が重ならない様にする。(2)挟み込むパーツや幾つかのパーツを組み合わせて1つのパーツになる部品は、重なる厚みを考慮して0.5%~2%の範囲で幅を詰めたり、縮小したりする。
特殊な例もありますが、大体この2点を注意しています。

あ~も~いつになったら足の設計に移れるのかな~。

そうそう、誤差の修正で注意してることがもう一つありました。
(3)誤差が出ないように構造を工夫する。
さあ今日も戦ってくるな!

この記事のトラックバックURL

http://june.blog14.fc2.com/tb.php/111-011f513d

コメント

お疲れ様です
わたしのSは設計初挑戦ですが誤差の修正はやり始めてよく分かりました
私はCADで図面を起こして型紙の編集をしてるのでその辺の修正はまだ救われてるのかもしれません
ですがやはり経験不足かのりしろ位置などは組んでからの修正がほとんどで最初の頃は「切りやすい型紙」で作ってしまってえらい目にあいました(笑)
やはり「組みやすい型紙」「形になりやすい型紙」を作るのは難しいですね
型紙がうまくいっても大きさがずれますが・・
地味な作業ですが、これを怠ると良い物は出来ないんですよね。お互い頑張りましょうね。
紙の厚さなど。とバカにしていた私ですが厚さに泣かされまくってます。とりあえずヘイズルが形になってきました。腕とバックパックが出来れば完成です。

http://www.ne.jp/asahi/4/low/hazel/h054.jpg
>333さん
出来てきましたね。ちょくちょくサイト覗いてましたよ。
格好いいですね~ヘイルズ。
完成が本当に楽しみです。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99