インフォメーション

「1/60ペーパークラフト ビルドバーニングガンダム製作記」 修正した頭を組み立ててみた。



これは前回までの修正前の頭部です。

だいたい0.6mmほどだったと思いますが、紙の誤差のために
頬当の部分が広がっていました。

正面から見ると一目ですが、ブサイクですね~・・・。
完全にひん曲がってます。






これは修正後の頭部。
顔の部分の横幅を0.6mm狭めてやりました。
これでやっと3Dソフト上で見てたのと大体同じ感じになりました。

1mmにも満たない些細な差ですが、ここまで印象が激変するのが
ペーパークラフトの奥深い所ですね。

些細な違いの積み重ねが作品全体のバランスや印象に関わってくるので、
何か作品を設計をしていて、違和感を感じたなら、
まずは3Dソフト上の見え方と、実際組み上げた時の見え方と、
どこが違っているのか見比べる事から始めるといいかもしれません。
大体はその違和感を感じている部分の紙の誤差を修正すると解決することが多いですよ。




斜め前からの角度が個人的にはベストアングルです。

それにしても、背景紙を置かないと最悪な映り方ですね・・・。
以前と作業環境が変わってしまって背景紙を置けなくなってから、
まともな写真が撮れていないのが辛い所です。
これでもライトを2方向から当てているんですけど。

もっと広い机があれば・・・。


顔をしばらく凝視していたのですが、なんかまた違和感を感じる(-_-;)
たぶん顔の幅を少し狭くした分、顔が馬面になってしまったのが原因かと・・・。
もう一回修正し直しです・・・・orz

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99