インフォメーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1/60ペーパークラフト Zプラス製作記」Illustratorでテンプレート描く



作品を作る前の儀式として必ずテンプレートをIllustratorで描きます。
説明書をスキャニングしてIllustratorでトレースしてるだけなんですが、
僕にとってこの作業が凄く重要で、
MGみたいに図面がない場合は実際の模型を撮影して
その写真をトレースしてテンプレートにしてます。

「わざわざテンプレートなんて描かなくてもいいでしょ」
と思うかもしれませんが、
よっぽどデッサン力に自信がある人なら
目分量で最適なバランスでモデリングできるのかもしれませんが、
僕みたいなあまり絵を描かない人間にしてみれば、
せっかく長い時間をかけて企画設計したプラモデルがあるのですから、
これをテンプレートに使わない手はないのですw

デザインでも何でもそうなんですが、
他人が作ったものを評価するのは容易いなことで、
プラモを眺めて、「ここのバランスが悪いな」
「ここはこうした方がいいな」など、
修正点をあげるのは簡単なことですよね。

なので、デザイン画だけ渡されて製品にまで仕上げる
原型師さん達を僕は凄く尊敬の眼差しで見ています。
もしもの話ですが、大河原さんの絵を渡されて、
「これプラモ用に立体化にして」って言われたら
僕には絶対むりですw

話が脱線して長くなってしまいましたが、
結局なにが言いたいかというと、
テンプレートを描くと、目分量で「ああでもない」「こうでもない」と
モデリングに掛ける時間を一気に短縮できるってことです。

テンプレートを使って、
ぱぱっとプラモ通りのバランスでモデリングを済ましてしまえば、
あとは自分の思ってるバランスに改良を加えるだけなので、
凄く時間の短縮になります。

そんなわけで今回もテンプレートを描いたのですが、
毎回この作業はつまんないんですよね〜。
テンプレート職人がいたら発注したいくらいですw

コメント

お久しぶりです。
なるほど、設計するにあたってこういう工程をおこなっているのですね。
最近少しづつ六角を触り始めたのですが、悪戦苦闘で心が折れそうになってます…
絵心ないのでいきなりモデリングは難しいのでjuneさんのやり方を真似させてもらってやってみます。

こういう設計の進め方的な記事楽しみにしてます。
できる限りこういう記事を増やしていこうと思います。
モデリングに関しては結局ソフトに慣れるしかないです。
1つ作品を作り上げれば必ず覚えますので、挑戦してみてください!
トレース… 大変ですね。(驚)
3面図とするために、上からも撮影されるんですか?
立体物がない場合は… とか、たくさん聞きたいことがありますが…。
企業秘密ですよね。(笑)
興味津々なので次回も楽しみにしております。
ワクワクします。
>たーくんさん
上は描いてないです。
立体物がない場合はグーグル先生に聞いてますw
できるだけ画像や資料をあつめて、
それをトレースしたり、画像を元に図面をおこしたりしてますよ〜。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99