インフォメーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1/60ペーパークラフト Zプラス製作記」テンプレート用の線画で設計用の立体テンプレーをモデリングする。



特に決まりはないですが、
だいたい脚からモデリング始めます。

平面のテンプレートを元に立体へと起こしていくわけですが、
モデリング方法に関しては、使用するソフトの特性があるので、
「このやり方が簡単」みたいな攻略法はありません。

ただどんなソフトでモデリングするにして共通して言えることがあります。
それは「最初から作りこまない」ことです。

これって、設計を始めた頃にやりがちな失敗なんですが、
テンプレートを意識しすぎて、全てのラインを拾おうとした結果、
複雑になりすぎて途中で挫折してしまう。
僕も10年ほど前にそんな経験がありますよ(-_-;)
結局その失敗のために1年ほどペーパークラフトを諦めてた期間があるんですが・・・。

さてモデリングに話を戻しますが、
あくまでも僕のやり方なので、「みんなこれやれ」とは言いませんが、

線画のテンプレートを元にして、
最小ポリゴンで大まかな形を作ります。

なぜ最小ポリゴンで大まかにかというと、
この大まかに描いたポリゴンモデルを
さらにテンプレートにして本番のモデリングをするためです。
ようは2回テンプレートを制作わけです。

面倒くさい事してると感じるかもしれませんが、
これが後々の設計を楽にしてくれるんですよ〜。
(あくまでも個人的にですけど)

20151016_4.jpg

20151016_3.jpg


線画のテンプレートをほぼ無視してモデリングします。
手元に模型があるなら模型を見ながら、
最低限のポリゴンで表現するなら、どのラインを拾えばいいか、
考えならやってみると良いと思います。


20151016_5.jpg


歪んでようが、左右非対称でもこの段階では問題ないです。
とにかく最小のポリゴンで表現します。

こんな感じで全身モデリングをしたら、
次に自分の好きなバランスに、
拡大縮小して、完成したときのバランスを
この段階で煮詰めていくといいですよ!

作りこんでからのバランス変更は
凄く大変な作業になるので、
ローポリゴンの時にじっくり時間をかけてバランスを整えるのが良いです。

バランスが決まったら、各部分ごとにファイルを分けて設計してます。

コメント

勉強になります。
ありがとう。
いきなり作りこもうとしてました(^^;
だからうまくいかずイライラするばかりでした。
まずは手順をふんでやれば気持ち的に楽になりますね。
成功者の失敗談も参考になりますおなお願いします(*'▽'*)♪
なるほど…。

装甲で隠れている部分は現物の装甲を外して観察するんでしょうね。
現物がない物の場合は… 想像力が試されそう。(汗)
その点、ガンプラである機体って素材として最高ですね。
>かみさむさん
それならいいのですけど(^_^;)

>kazさん
最初は作りこみがちになるんですが、
まずは簡単にモデリングするのが良いです。

>たーくんさん
そんな事しませんw
見えない部分は積極的に簡略化&省略してます。
確かにプラモがあると設計が楽ですよね〜。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99