インフォメーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試作はつづく果てしなく・・・



第1回目の試作で大まかな設計ミスや組みにくい部分、それからバランスが悪かった部分をピックアップし、第二回目でそれらを修正すれば大体は終了。でも腕などのフレームやパーツが複雑に絡み合う部分は、更に紙の誤差を調整する必要があったりします。今回も例外なく3回目に突入の予感・・・。

腕関節はこんな感じで曲がります。新間接のお陰で繰り返し曲げてもプラプラになることはありませんが、ヤッパリ重たい物を長時間支えるのは無理かもね・・・。

この記事のトラックバックURL

http://june.blog14.fc2.com/tb.php/471-141e871a

コメント

写真で見る限りでは紙だとは思えないですね
試作大切ですね
でも面倒でなかなかできない出来ないですけど
juneさんの作品を見ていつも思うのですが、厚みの薄い段差ってありますよね。
今回の腕でいうと赤いパーツに当たる長い6角形のところとか、手首側の折り返しとか。
こういう薄い折り返しのある部分って設計では書けても、展開図にすると細くて作りにくそうなのでいつも省略してしまいます。
なので紙厚だけの薄さなのです。
これはもう作る側の技術の問題なのでしょうか。
それとも組みやすくできない設計自体が悪いのかな?
厚手の紙(フォトマット紙)で作るのも問題だと思うのですが、こういういう部分が立体を引き立ててるんですね。
設計といいフォルムといいすばらしい関節ですね! 見れば見るほど惚れ惚れします。
陸ガンの関節は、組み立て途中で遊んでたらすでにプラプラに・・・ やりすぎですね。
早くも来年が楽しみになってきました。
>しろくまさん
試作は面倒ですが大事ですよ~
実際作らないと判らない事もありますしね。

>テラスさん
薄いようで実は薄くないんですよ。だから組めるのですw
赤い六角形のパーツは青い装甲部分を貫通してその下にあるフレームと接着しています。実際のパーツ厚は見えている厚みの2.5倍くらいの厚みがあります。
装甲表面にパーツを置こうとすると薄いパーツになって組みにくくなりますが、そうならない為に色々と工夫しています。
僕の組み立てレベルは初心者に毛が生えた程度です。そんな僕が上手く組み立てられるには・・・・・と、考えた時、「小さい部品は作らない」「複雑な形は単純な形を組み合わせて作る」「分割数を減らす」の3点を思いつき、その考えのうえ設計するように心がけています。
実際見て貰うのが一番いいんでようけど・・・。

>ニキさん
やっぱりプラプラになりましたか(^^;)
角度を決めたら固定すると良いかもしれませんね。
陸ガンを早々に廃盤にする理由はそういう構造の甘さから来てたりします。
ペーパークラフト自体ガシガシ遊ぶ物ではないので、あまり間接に拘る必要は無いでしょが、中には遊びたい人もいるようなので・・・・。
なるほど・・・あ!なるほど!!
赤いパーツはなんとなくそうじゃないかと思ってましたが、青いパーツ同士が重なってる所があるでしょ?
側面に段差が出てるところなんですが、そこをどう処理してるのかと思ったんです。
薄い段差のあるパーツが被るんじゃなくて、一回り小さいパーツが乗るのかと。
しかしどっちにしてもこの複雑な形状では紙厚も含めた合いの調整が微妙・・
>テラスさん
基本的にどこも同じです。基本は貫通ですよw
紙厚の調整は慣れれば簡単ですよ。
「このパターンなら左右0.2mmよせ」とか見たいな感じで大体3パターンくらいに分類して誤差の修正値を設定しています。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99