インフォメーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだつづく

hito02.jpg
hito03.jpg

昨日一晩かけてこのパーツをこねくり回しました。見ての通りボディーパーツです。
お尻のアレンジをもう少し煮詰める必要がありますが、立体感も増して、だいぶんイメージに近づきました。この画像だけで面構成がわかるかな〜。

ペーパークラフトで人物フィギュアを普通に作っても、滑らかな曲線を表現出来る粘土で作ったフィギュアには敵うはずないので、曲線の中に上手く直線的デザインを盛り込んで人体をアレンジする浅井氏の造形を取り入れた人体フィギュアを考案中です。
これなら粘土フィギュアと比べても見劣りしないはずだ・・・・・きっと。

この記事のトラックバックURL

http://june.blog14.fc2.com/tb.php/522-751e1e09

コメント

面構成の解読は出来るけど、自分でやってもこの構成は出てこないだろうな~。
腹に一面、背中に一面あってそれを巻くような…面白い所に面を持ってきますね。
発想の自由さで負けてるなぁ。私も頑張ります。
流石です。大体あってますよ〜。
しかしながら人体は奥が深いですね。それにメカと違って結構アバウトな感じがして僕の性格にはあわないですよ・・。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99