インフォメーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベント前日の出来事・・・

8月29日、11時30分、羽田空港に到着。
そこで待ち合わせていた従兄弟(以後、ヒデくん)と合流しヒロシさんとの待ち合わせ場所の秋葉原へ移動開始。
しかし、合流して早々ヒデくんに「残念なお知らせがあります・・・」と深刻そうに切り出されました。

ヒデ「実はツンデレカフェが無くなっちゃいました(涙)」
june「なんだって~!折角メイドさんにお絞り投げつけられて、注文決まらないと舌打ちさせるのを楽しみにしてたのに~」
ヒデ 「かわりに、普通の店はつまんないので、今日は妹カフェに行こうかと・・・・」


しかし、この提案が後の悲劇に繋がるのでした・・・・・キャ~!


予定より遅れて12時40分頃、
「聖地に来たぞ~」叫ぶ、頭の痛い従兄弟をよそにヒロシさんと秋葉原の駅前で合流。
その後、駅前にある名前もよくわからない玩具で埋め尽くされたビルに入って資料を物色。
資料用に武装神姫の素体を購入。

そしていよいよ秋葉原のカオスな区域に突入です。
駅前の通りを一歩外れると、怪しげな人達や怪しげなメイドさんがいるではないですか~。
僕たち3人は目的の店に入店する事に・・・。
店内に入ったと当時に
「お帰りお兄ちゃん」と投げやりな店員の声がw
田舎者なので少々困惑しながら席に着き、「妹が適当に混ぜて作ったジュース」という怪しげな飲み物を3つ注文し、待つこと数分・・・・・。

うわっ来た!来ましたよ怪しげな液体が。
ヒロシさんのはカルピスをベースに、
底にジャムが沈んでいる様な激甘ドリンクorz
僕のはグレープフルーツベースのまあ、
普通に飲める色が3色に分かれてるもの。
ヒデくんのは炭酸系?
で、自称妹の店員とはそれ以降なんの関わりもなく放置された僕たち3人・・・・(汗)
「思春期の妹が設定か?そんなリアルな設定は必要ない!」とか、
「こんなの店員がタメ口なだけの普通の喫茶じゃ」など
悪態をつきながら、店を出ることにしたのですが、
そんな僕達に悲劇が~w

「代金3,000円ね」と無情な一声。
確かジュースは1人700円、ということは、300円がサービス料ということになりますが、ここでは放置がサービスなのか・・・・?

最後の最後で精神的ダメージを一気に食らって意気消沈した3人は、その腹いせに、近くにあった行き過ぎたコスプイヤーの為の店、「武器屋」に入店して、
「うわ~、この刀スゲ~」とか「この鎖帷子スゲ~」とかどうでもいい会話をしているうちに、オフ会の待ち合わせ時刻に遅れてしまったというわけです(汗)
東京はコワイ所です・・・・。


090902_02.jpg

オフ会の雰囲気はこんな感じで滅茶苦茶w
他の参加者の人達が報告してくれているので僕は簡単に。


090902_04.jpg

奥の左側のアホが僕です。
写真を撮ったヒデくん、顔が切れてるよ。
君、3時間正坐して反省ね。

コメント

こわい。こわい?
JUNEさんへ

レポ、ありがとうございます。
秋葉原は17年前(93年)に行ってますが、『電気街イメージ』今はこわいですね。(汗)

(テリブルTOKIO:リングにかけろ第一巻参照)

メイド喫茶なんて行った事ないので困惑すると思います。(←私は田舎者です。)

ペパクラのカオスのほうが楽しそうです。(わかってるだけに)

最後の写真、他の人の紹介はなしですか?←失礼しました。m(__)m
妹の店すごいっすねー
こういう店って客側はどういう設定の役柄でいれば楽しめるんでしょうね(笑
なるほど、遅れた理由はこれでしたか。
自分も正直そういう店に行ってみたい様なそうでないような・・・
奥様に見つかると大変なことになりそうですね。
あの店を僕は忘れません。あれはきっとそう、悪い夢だったんだ。

自分は弟しかいないので、あんな態度で普段接せられていたら、きっと残念なことになっていたことでしょう。

ともあれ、いろいろあって楽しかったです。今度はかまってくれる店を頼むぜ!ヒデくん!
>越前のシゲさん
電気街イメージは皆無ですね~。
小汚い町が、再開発されてキレイになったそうです。
他の人の紹介ですか・・・。
それは来てみてのお楽しみですよ~w

>とよっぺさん
まったく妹の店ではなかったですorz
カップルで行くとツンデレモードになるようなんですが、
ツンデレ見てみたかった・・・。

>よっしぃさん
今度行きますかW
店に入るときにかなり勇気が必要です。
なんか恥ずかしい店に入るみたいな感覚でした(汗

>ヒロシさん
次回は時間をかけて良い店を調べておくと
従兄弟君が言っていたので、
次回に期待しましょ~。次こそリベンジw

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99